東京(新宿)のリンゲージ日本語学校・内定者、ポリーヌさんの声

東京・新宿のリンゲージ日本語学校の就職内定者、ポリーヌさんの声を紹介

内定者の声

内定者の声VOICES

ビジネス日本語を学んだ就職内定者たちの声をご紹介。
志望企業から内定をいただいた修了生たちの道のりもご覧ください。

内定者の声・ポリーヌさん1

まずは自分の目標を
決めることが大事です

ポリーヌさん

専攻:化学研究開発・製造業

フランスと日本は就職活動が違います。私は最初、人材紹介会社に連絡しました。この会社が私の経歴と合う求人があるかどうかを探し、求人があれば連絡をくれます。私はたくさんの面接を受けました。その他には自分でもインターネットを使って求人を調べ応募しました。このような方法で私は仕事を見つけることができました。

リンゲージ日本語学校のサポート

日本語の履歴書は学校で手伝ってもらいました。これは本当に大事だと思いました。日本語の履歴書はどの会社でも求められるからです。それから、毎日の授業、特にビジネス日本語授業のおかげで、日本のマナーや敬語を身につけることができました。この学校のサポートのおかげで万全に準備することができました。学校の授業は本当に役に立ちました。

内定者の声・ポリーヌさん2

「日本で就職したい」という夢をもっている人へのメッセージ

まずは自分の目標を決めることが大事です。そして自分の仕事について調べた方がいいです。例えば、何が必要なのか、どのくらいの経験が必要なのか、日本語のレベルはどのくらい求められるのか等です。これは職種によって全く違うと思いますから、自分のやりたい仕事をきちんと調べたほうがいいです。それから、日本語の勉強はいちばん大事です。毎日日本語の勉強を頑張って続けてください。そして、日本語の勉強をしながら、同時にたくさんの求人に応募しなければなりません。私も80社くらいの会社に応募しましたが、その中で返事があったのは20社くらいだけでした。しかし、日本にいる限り、最後まで応募し続けることが大事です。最後までチャンスがあるかもしれませんから、諦めないことが一番大事だと思います。